学科紹介

日本文化学科

卒業後の進路

専門知識と能力を生かし、さまざまな分野で活躍

日本文化学科では、国語の中学校教諭専修免許状および国語と地理歴史の高等学校教諭免許状をはじめ、日本語教師・図書館司書・社会教育主事・学芸員の資格を取得することが可能です。さらに、より深く日本文化について学ぼうとする人に対しては、大学院(文学研究科日本文化専攻修士・博士〔後期〕課程)も設置されています。

すでに日本文化学科の卒業生は、北海道や本州の民間企業をはじめ、公務員やマスコミ関係など様々な分野で活躍しています。また「教職課程」を修了し、北海道の高等学校や中学校で教壇に立つ卒業生や、「日本語教員養成課程」を修了し、日本語と日本文化についての専門知識と能力を生かしながら、海外で日本語教師として活躍する卒業生もいます。

過去3カ年の主な内定先(公務員は合格者)
  企業名
人文学部 北海道警察、北海道職員(警察行政)、北海道職員(一般行政)、日本生命保険、サンドラッグプラス、マックスバリュ北海道、加森観光、自衛隊一般曹候補生、第一生命保険、JTB札幌ビジネスセンター、キャスト、サンエース、ヨドバシカメラ、日本郵便、北海道教員、札幌市役所、野口観光、練成会グループ、六花亭製菓、アインファーマシーズ