講座・イベント

人文学の挑戦

北海学園大学人文学部プロデュース「人文学の挑戦」は、本学部教員の研究成果を広く社会に還元するイベントです。 どうぞお気軽にご参加ください。

第17回人文学の挑戦×北海道みらい事業
「アイヌ文化と森―人々と森の関わり―」

最近、わたしたちは、仲間とともに一冊の小さな本を出版しました。
「アイヌ文化と森」というのがそのタイトルなのですが、この本は、これまでアイヌ文化について紹介された書籍とはすこしちがっています。 ただ単に器物の素材としての木材について紹介したり、食べ物を得るための森あるいは神々が住まう森として取り上げるだけではなく、もうすこしひろい視点から「森」というものを眺めてみました。 くわしくは本を手にっていただければよいのですが、ユカなど口承のなかで森はどのように描かれているのか伝承を探る一方、地理的にも千島列島やシベリアまでひろげてみました。 鬱蒼と茂る森がない千島列島に暮らした人びとはどのようにして樹木を手に入れていたのでしょうか。また、視点をお隣の東シベリアにまでひろげて「巨視的な」立場から そこで暮らす人びとと森との関係もとりあげています。
今回は、このなかから3人の著者が、それぞれ道具の利用と森(出利葉浩司)、さまざまな植物と人びと(内田祐一)、そして千島列島国際調査に参加した成果を踏まえて、 千島列島の人びとと木の利用について(手塚薫)、お話します。 さらに、東北以北ではじめてとなる国立博物館として、2020年の開館をめざして白老に建設中のアイヌ民族博物館の準備状況についても、国立博物館設立準備室の内田調査官がご紹介します。 この博物館は周辺の自然環境をいかした国立民族共生公園との一体的な活用が期待されています。

日時 2018年10月7日(日)15:00~16:30
場所 紀伊國屋書店札幌本店1Fインナーガーデン
講師 手塚薫(北海学園大学人文学部教授)
出利葉浩司(北海学園大学人文学部客員研究員)
内田祐一(文化庁文化財部伝統文化課アイヌ文化振興調査官)

当日の様子は
こちらからご覧ください。

第16回人文学の挑戦×北海道みらい事業
「内村鑑三の生きた北海道、世界が読んだ内村鑑三」

近代日本を代表するキリスト教思想家である内村鑑三については、彼自身が「2つのJ(=Jesus/Japan)」への献身を尊ぶことを宣言したことから、 「日本」における内村鑑三という枠組みで 議論されることが一般的です。しかし、今回はあえて2つの方向に枠組みをずらすことで、内村鑑三を読み直す新たな可能性を探ってみたいと思います。 第1部では、よりローカルな方向、すなわち「内村鑑三にとっての北海道」について考えます。キリスト教に出会った札幌での暮らし、 故郷とは全く異なる北海道の大自然は内村鑑三にどのような影響を与えたのでしょうか。 『無教会とし ての教会—内村鑑三における「個人・信仰共同体・社会」』の著者である岩野祐介氏(関西学院大学神学部教授)が考察します。 第2部では、視野を世界へと広げます。内村鑑三の著作は、その生前から世界各地で読まれてきました。内村鑑三を外国の読者はどう読んだのかを、 近代のキリスト教思想史を研究している小柳敦史氏(北海学園大学人文学部准教授)が紹介します。 第3部では、発表者の2人により、 内村鑑三を今日の私たちが改めて読み直す意義についてトークセッションを行います。

日時 2018年7月15日(日)15:00~16:30
場所 紀伊國屋書店札幌本店1Fインナーガーデン
講師 小柳敦史(北海学園大学人文学部英米文化学科准教授)
岩野祐介(関西学院大学神学部教授)

当日の様子は
こちらからご覧ください。

第15回人文学の挑戦
「カズオ・イシグロの文学」

日系英国人作家カズオ・イシグロが 2017 年のノーベル文学賞を受賞することになりました。イシグロは、海洋学者だった父鎭雄(しずお)の 仕事の都合により 5 歳で長崎から英国のギルフォード(サリー州)に移り住み、29 歳で英国国籍を取得してから英国で数々の文学賞を受賞 しています。イシグロの代表作の 1つである『わたしを離さないで』は、日本で2014 年に故・蜷川幸雄による演出で舞台化され、2016 年には TBS(道内はHBC)で同作のドラマ(綾瀬はるか主演)が放映されました。学界では過去 10 年間にイシグロをテーマにした国際学会が次々 と開催され、日本でも 2014 年に東京大学でイシグロの International Conference が開催されています。その学会で発表したイシグロ研究者 と 2015 年に「カズオ・イシグロ研究会」を立ち上げ、イシグロ文学に関する共同研究を進めています。第 15 回「人文学の挑戦」では、イシグ ロ研究者たちと積み上げてきた研究成果の一部を紹介し、イシグロ文学を貫く重要なテーマについて皆さんと語り合えれば幸いです。

日時 2018年3月25日(日)15:00~16:30
場所 紀伊國屋書店札幌本店1Fインナーガーデン
講師 森川慎也(英米文化学科講師)
後援 日本英文学会北海道支部

当日の様子は
こちらからご覧ください。

第14回人文学の挑戦
「一緒に読もう、三浦綾子―若い読者と「発見」する、三浦綾子の魅力―」

旭川市出身の作家・三浦綾子。何度も映像化された『氷点』をはじめ、 『塩狩峠』『母』などは全国のファンに読み継がれていますが、最近の高校生・大学生には、どのくらい親しまれているのでしょう…? 今春、三浦綾子記念文学館3代目館長に就任した田中綾(人文学部教授)が、高校生・大学生ら若い読者との交流のなかで「発見」したこと をお伝えし、その後、現役の田中綾ゼミ生が、『氷点』『細川ガラシャ夫人』など、ゼミで研究した三浦綾子作品の新たな「魅力」を語ります。 若い読者とご一緒に、三浦文学の巧みな語りや、SNS世代との親和性を「発見」していきましょう。

日時 2017年11月12日(日)15:00~16:30
場所 紀伊國屋書店札幌本店1Fインナーガーデン
講師 田中綾(日本文化学科教授)
後援 三浦綾子記念文学館

第13回人文学の挑戦
「世界遺産とダークツーリズムの先にあるもの
―負の歴史をどのように記憶し、どう生かすべきか―」

世界遺産をめぐる観光ビジネスには、その意義を美しい自然や街並みなどに矮小化する傾向が見受けられます。 今回の「人文学の挑戦」では、世界史上の悲劇を伝える場所や施設などの、いわゆる「負の遺産」に焦点を当て、それらをどのように記憶し、 人類の知を形成するためにどのように活用すべきかを考えます。アメリカ黒人史が専門の大森一輝人文学部教授が奴隷貿易、 強制収容所などの紹介を通じて「負の遺産」「ダークツーリズム」について問題提起した後、NPO法人世界遺産アカデミーの宮澤光主任研究員にマイクを渡し、 世界遺産全体の中で「負の遺産」の位置づけや、登録をめぐる国際記念物遺跡会議(ICOMOS)、および世界遺産委員会での議論、 世界遺産観光の現状と課題をお話しいただきます。

日時 2017年7月23日(日)15:00~16:30
場所 紀伊國屋書店札幌本店1Fインナーガーデン
講師 大森一輝(英米文化学科教授)
宮澤光(NPO法人世界遺産アカデミー主任研究員)

第12回人文学の挑戦
「Crossing Borders―音楽/映画/アメリカ文化―」

ブログは、現在進行形の思考のプロセスを公にしながら自分と他者に向かって発信できる新しいツールです。 そして、ポップなアメリカ文化には、ブログと高い親和性があります。今回の「人文学の挑戦」では、 音楽・映画・美術のジャンルを越境しながらブログで綴った新しい「アメリカ文化論」の成果を紹介します。 ブログによって文化を越境、横断するサンプルを提示しつつ、後半では1980年代のラップ・グループNWAの成功と亀裂を描いた映画『ストレート・アウタ・コンプトン』(2015)などを取り上げ、 映画・TV・ストリーミングなどの新旧メディアを横断しつつヒップホップの起源と現状を考察します。

日時 2017年3月25日(土)14:00~15:30
場所 紀伊國屋書店札幌本店1Fインナーガーデン
講師 本城誠二(英米文化学科教授)

第11回人文学の挑戦
「詩的狂気の想像力と海の系譜―西洋から東洋へ、その伝播、受容と変容―」

「海」と想像力…
文学において、「海」は詩的狂気の想像力と絡み合いながら表象されてきました。
西洋から東洋に伝わり、受容と変容を遂げた「海」の表象の軌跡をたどり、それらを生み出した詩的狂気の想像力の起源と系譜に光をあてます。

日時 2016年10月23日(日)15:00~16:30
場所 紀伊國屋書店札幌本店1Fインナーガーデン
講師 テレングト アイトル(日本文化学科教授)

第10回人文学の挑戦×第41回法学部カフェ
「議会・民主主義・立憲主義―マグナ・カルタから日本国憲法まで―」

議会制発祥の地と言われるイギリスでは、かつて議会は土地貴族など為政者層を代表しており、強権的な国王の横暴に対抗して、彼ら自身の権利を擁護することに情熱を注ぎました。やがて国民主権と民主主義の時代が到来し、議会は国民を代表するようになります。しかし、利害が多様化しグローバル化が進展する現代において、代表者は国民からの信託に十分に応えることができず、むしろ議会民主制への信頼は激しく揺らいでいます。
とはいえ、民主主義の代替となり得るものがない現在、民主主義に基づくシステムをいかに構築し運営していくのか、多様な利害を乗り越えてどのように意見集約が図れるのか、議会民主制の欠点をどう補ったらよいのかについて考えてゆかざるを得ません。
今回のコラボイベントでは歴史学と憲法学の双方から、議会制度と民主主義そしてこれらを補完する立憲主義の原理に迫ります。

日時 2016年7月17日(日)15:00~16:30
場所 紀伊國屋書店札幌本店1Fインナーガーデン
講師 仲丸英起(人文学部准教授)
館田晶子(法学部教授)

第9回人文学の挑戦
「源氏物語の生霊―葵の上に取り憑く六条御息所―」

あれは葵の上だったのか、六条御息所だったのか、はたまた源氏が見た幻覚だったのか――危篤状態の葵の上の枕元に源氏が近づくと、白い御衣に長くたっぷりとした黒い髪を添えて、懐妊中とてお腹を高々として臥した葵の上の美しいこと。源氏をじっと見つめてぽろぽろと涙をこぼす葵の上に対して、源氏は愛しさを感じずにはいられません。と、その時、葵の上が豹変して「こんなふうにやってくるとは思いもしませんでした。物を思う人の魂は体からさ迷い出るものだったのですね」と言うではありませんか。それはまさしく六条御息所その人の声と気配だったのでした。――源氏物語の葵巻、葵の上に取り憑いた六条御息所の生霊を源氏が見てしまう場面です。詳しく解説しながら原文を読んでいきます。

日時 2016年4月16日(土)15:00~16:30
場所 紀伊國屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
講師 井野葉子(日本文化学科教授)

第8回人文学の挑戦
「今こそ読みたい、『天皇の軍隊』―著者の大濱徹也先生に聞く―」

「敗戦後七十年という現在、私たちの日々は『国家大義』なるものに囚われ、ともすれば眼の前に渦まいてる闇に呑込まれがちです。それだけに、軍隊が日本国民の身心に刻みこんだ世界を解読した「小さな物語」をよりどころに、一個独立した己の世界をみきわめることが問われているのではないでしょうか」(著者より)

今秋、講談社学術文庫より大濱徹也先生の『天皇の軍隊』(1978年初刊)が復刊されました。著者の大濱先生をお招きし、「皇軍」が醸成した世界をともに読み解きます。

日時 2015年12月19日(土)14:00~15:30
場所 紀伊國屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
講師 大濱徹也(筑波大学名誉教授、元北海学園大学人文学部教授)
聞き手 郡司淳(日本文化学科教授)

第7回人文学の挑戦
「身近な言語学―言葉の秘密、言葉への挑戦―」

当たり前にコミュニケーションの道具として使う言葉も、もう一歩踏み込んで眺めると全く違う世界を見せてくれます。「錦織」はニシコリともニシキオリとも読みます。スケートの羽生選手はなぜハブさんでないのでしょうか。mouseの複数形が mousesでない理由など、私たちの身の回りにある日本語や英語を題材に、言葉の森に踏み入ります。

日時 2015年10月25日(日)15:00~16:30
場所 紀伊國屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
講師 上野誠治(英米文化学科教授)
徳永良次(日本文化学科教授)

第6回人文学の挑戦
「源氏物語を読んでみよう」

「源氏物語を読んでみよう」を、紀伊國屋書店札幌本店で開催します。日本文化学科の井野先生と一緒に、光源氏と朧月夜の妖艶な出逢いの場面を味わってみませんか?

日時 2015年8月23日(日)15:00~16:30
場所 紀伊國屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
講師 井野葉子(日本文化学科准教授)

第5回人文学の挑戦
「歌う=訴う(うったう)=唄う」

『書棚から歌を』(深夜叢書社)刊行記念イベント「歌う=訴う(うったう)=唄う」を、紀伊國屋書店札幌本店で開催します。著者の田中綾教授による本の紹介、およびとサイン会と、明治の「演説歌」を沖縄のカンカラ三線で歌う岡大介さんのミニライブも開催します。

日時 2015年6月7日(日)15:00~16:30
場所 紀伊國屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
講師 田中綾(日本文化学科教授)
岡大介(演歌師)

第2-4回人文学の挑戦

年末にかけて、本シリーズ第2回~4回のイベントを開催します。各回で開始時間が異なりますのでご注意ください。

第2回「新しい人文学の地平を求めて」
2014年11月8日(土) 16:00~17:30
講師:安酸敏眞先生/聞き手:田中綾先生
第3回「道元の『思想』」
2014年12月7日(日) 16:00~17:30
講師:船岡誠先生/聞き手:大石和久先生
第4回「文学と芸術から見たクリスマス」
2014年12月23日(火・祝) 14:00~15:30
講師:佐藤貴史先生/講師:島田桂子先生
場所 紀伊國屋書店札幌本店 インナーガーデン

事前の申し込み等は不要です。奮ってご参加ください。

第1回人文学の挑戦
「『アフリカ系アメリカ人という困難』をめぐって―人種は無視すべきなのか?―」

記念すべきシリーズ第1回目には、本学部の大森一輝先生にご登壇いただき、トークイベント「『アフリカ系アメリカ人という困難』をめぐって」を開催します。

日時 2014年7月27日(日) 15:00~16:30
場所 紀伊國屋書店札幌本店 インナーガーデン
講師 大森一輝(英米文化学科教授)

事前の申し込み等は不要です。奮ってご参加ください。