講座・イベント

卒業研究コンテスト

第4回卒業研究コンテストの表彰式と発表会が開催されました。

2017年2月7日(火)、第4回卒業研究コンテストの表彰式と発表会が開催され、最優秀賞の川越ひかるさんと優秀賞の加賀田咲さんに卒業研究の内容を発表していただきました。


1部日本文化学科 川越ひかるさん

1部日本文化学科 加賀田咲さん

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

なお、卒業研究コンテストの審査結果は以下の通りです。

最優秀賞
川越 ひかる(1部日文:井野ゼミ)
 「源氏物語」における花散里の役割と人物像

優秀賞
加賀田 咲(1部日文:井野ゼミ)
 「源氏物語」内の引歌の後世に与えた影響
  ―「人の親の心は闇にあらねども子を思ふ道にまどひぬるかな」を例に―
福井 花也(1部英米:安酸ゼミ)
 芸術作品とみるギリシア神話世界の美女たち

敢闘賞
二木 遥(1部日文:徳永ゼミ)
 近代語彙史―「努力」の基本語化―
棟方 ひかり(1部日文:田中ゼミ)
 天上へと至る階段
橋本 尚哉(2部日文:菅ゼミ)
 義務教育における国語科と日本語の乱れの関連性
川上 巧太(2部英米:小松ゼミ)
 理容文化再興

第3回卒業研究コンテスト、および常見信代先生の最終講義が開催されました。

2016年2月6日(土)、第3回卒業研究コンテストが開催され、優秀賞受賞のお二人に卒業研究の内容を発表していただきました。


1部日本文化学科 山田遥希さん(郡司ゼミ)
 歴史のなかの「勤皇」―山国隊を事例に―

1部英米文化学科 吉田花穂さん(常見ゼミ)
 Pit Brow Lasses’ ~マンビーが愛した女性炭坑労働者~

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

また、以下の皆さんが敢闘賞を受賞しました(順不同)。

岸 香菜子さん(田中綾ゼミ)
 梨木香歩『西の魔女が死んだ』における「魔女」の定義―まいの「魔女修行」が意味するもの
佐崎 愛さん(追塩ゼミ)
 『古事記』神話に見られる古代人の世界観
杉戸 晴菜さん(田中綾ゼミ)
 『冒険者たち ガンバと十五ひきの仲間』試論―ガンバたちの「冒険」が持つ意味について
高畑 奈央子さん(井野ゼミ)
 源氏物語における夕顔と玉鬘
中田 千晶さん(井野ゼミ)
 紫上悪女論
永澤 知己さん(井野ゼミ)
 縛られる「言霊」
志賀 保奈美さん(米坂ゼミ)
 Vocabulary analysis of the Tourism English Proficiency Test
會木 秀一朗さん(常見ゼミ)
 スコッチ・ウィスキー ―その光と影
村上 大貴さん(上野ゼミ)
 結果構文から考える、目的語とその後に続く語の関係

同日午後には開催された常見信代先生のご講義には約100人が集い、多くの卒業生&学生さんの笑顔と、花束の香りと、写真撮影の姿が印象的でした。

第2回卒業研究コンテストの表彰式と発表会が開催されました。

2015年2月5日(木)、第2回卒業研究コンテストの表彰式と発表会が開催され、優秀賞の小玉恵理さんと澤田範子さんに卒業研究の内容を発表していただきました。


1部日本文化学科 小玉恵理さん

1部日本文化学科 澤田範子さん

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

なお、卒業研究コンテストの審査結果は以下の通りです。

最優秀賞
該当者なし

優秀賞
尾谷 美香(1部日文:須田ゼミ)
 「現代日本の都市伝説について」

小玉 恵理(1部日文:井野ゼミ)
 「『源氏物語』に描写される皇統の月」

澤田 範子(1部日文:田中綾ゼミ)
 「異類婚姻譚としてみる『孤笛のかなた』  -小夜の『母性』と『少数者』の選択について-」

敢闘賞
板垣 梨紗 (1部日文)
吉川 春香 (1部日文)
山下 凜 (2部日文)
魚谷 幸希(1部英米)
木村 槙吾(1部英米)
寺山 絵莉(1部英米)
中山 恵里香(1部英米)
前原 瑛(1部英米)
要田 真美(1部英米)
藤井 太郎(2部英米)

第1回卒業研究コンテストの表彰式と発表会が開催されました。

2014年2月6日(木)、第1回卒業研究コンテストの表彰式と発表会が開催され、最優秀賞の佐野亜里砂さんと、優秀賞の高橋亜里沙さん、山崎楓さん、大木七帆さんに卒業研究の内容を発表していただきました。


2部英米文化学科 佐野亜里砂さん

1部日本文化学科 高橋亜里沙さん

1部日本文化学科 山崎 楓さん

1部英米文化学科 大木七帆さん

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

なお、卒業研究コンテストの審査結果は以下の通りです。

最優秀賞
佐野 亜里砂(2部英米:常見ゼミ)
 「バイユー・タペストリーと司教オドー」

優秀賞
高橋 亜里沙(1部日文:田中綾ゼミ)
 「川端康成『たんぽぽ』試論―『桃色の虹』にみる愛情と不安―」

山崎 楓(1部日文:井野ゼミ)
 「万葉集における『もみち』―文字表記を中心に―」

大木 七帆(1部英米:田中洋也ゼミ)
 ‘Interlanguage Pragmaties:Japanese EFL Learners' L2 Pragmatic and
 Grammatical Awareness in Relation to Vocabulary Knowledge’


敢闘賞
後藤 美和(1部日文)
 「大伴家持となでしこ」
志々見 香 (1部日文)
 「妖怪の創造」
瀬尾 なつみ (1部日文)
 「変容する日本の伝統芸能~茶道文化を中心に~」
塚田 秀基 (1部日文)
 「『無用者のうた』考―編集長・中井英夫の光芒」
橋田 恵利香 (1部日文)
 「宮沢賢治『銀河鉄道の夜』に見るオノマトペ―日本語と英語の比較考察」
藤嶋 ゆに (1部日文)
 「新美南吉『手袋を買いに』論」
八島 みなみ (1部日文)
 「沢庵の養生論」
矢野 ちひろ (1部日文)
 「細田守の作家性に迫る」
高田 沙也可 (2部日文)
 「春の夜に散りゆく君と恋ひ渡る」
山崎 典子 (2部日文)
 「韓国における外国人政策の特徴と課題―明洞聖堂籠城事件からの学び」
上杉 俊貴 (1部英米)
 「『人権』とは何か―その歴史と今日の課題―」
海辺 菜央 (1部英米)
 「蛇―日本とヨーロッパの比較」
川合 優貴 (1部英米)
 「近代コーヒーハウス研究」
清水 健太 (1部英米)
 「高校野球とストレス-試合での成果と生徒の成長を最大化するための考察」
那須 慎之介 (1部英米)
 「コンピュータ媒介型コミュニケーション(CMC)とネット依存~現代社会のストレスとの関係性」
松本 公輔 (1部英米)
 ‘Communication Apprehension in Japanese High School Students’
丸田 絵理 (1部英米)
 「現代社会のスピリチュアリティにおける光と影―個人主義化する宗教」
栁本 宏輔 (1部英米)
 「翻訳フランシス・ドレーク」
渡辺 健太郎 (1部英米)
 「ロンドン大展覧会とその諸相」
斉藤 誠子 (1部英米)
 「ジョセフ・バンクスと植物帝国主義‐バンクスが残した植物園ネットワーク‐」
志部谷 祐太 (1部英米)
 ‘Focus on Form (FonF)’