講座・イベント

人文学会

北海学園大学人文学会第5回大会
シンポジウム「松浦武四郎の光と影」報告

2017年11月4日(土)、北海学園大学人文学会主催のシンポジウム「松浦武四郎の光と影」を開催しました。

●基調講演
○松浦武四郎研究の現状と課題
 ―新たなる武四郎像の構築に向けて―
 三浦泰之(北海道博物館学芸主幹)

●コメンテーター
○北駕文庫の蔵書と歴史
 徳永良次(北海学園大学人文学部教授)
○幕末期に松浦武四郎が入手・発信した情報について
 松本あづさ(藤女子大学准教授)
○絵に見る武四郎の交流
 霜村紀子(東京国立博物館付主任研究員
 [国立アイヌ民族博物館設立準備室])
 司会:手塚薫(北海学園大学人文学部教授)

大学内外から120名弱の聴衆が集まってくださり、北海道の「名付け親」松浦武四郎の独創性について議論しました。

日本モンゴル文学会・北海学園大学人文学会共催 国際シンポジウム

北海学園大学人文学会第5回大会

松浦武四郎の光と影

北海道の「名付け親」で江戸時代の探検家として名高い松浦武四郎が生誕してから来年は、ちょうど 200 周年にあたります。本学が誇る北駕文庫内にある武四郎史料等にもとづき、彼を取り巻く多様な人びととの交流にフォーカスすることで、より立体的な武四郎像が生まれないか考えてみたいと思います。

●基調講演
 ○松浦武四郎研究の現状と課題
 ―新たなる武四郎像の構築に向けて―
  三浦泰之(北海道博物館学芸主幹)

●コメンテーター
 ○北駕文庫の蔵書と歴史
  徳永良次(北海学園大学人文学部教授)

 ○幕末期に松浦武四郎が入手・発信した情報について
  松本あづさ(藤女子大学准教授)

 ○絵に見る武四郎の交流
  霜村紀子(東京国立博物館付主任研究員
  [国立アイヌ民族博物館設立準備室])

  司会:手塚薫(北海学園大学人文学部教授)

日時 2017年11月4日(土)14:00~17:00
場所 北海学園大学 7号館D30番教室
主催 北海学園大学人文学会・北海学園大学人文学部・北海学園大学大学院文学研究科
お問合わせ先 佐藤貴史(北海学園大学人文学部准教授)
sato_taka■hgu.jp
※■を@に置き換えてください。

予約不要、参加費無料。

日本モンゴル文学会・北海学園大学人文学会共催 国際シンポジウム

日本モンゴル文学会・北海学園大学人文学会共催
国際シンポジウム

近代モンゴル文学における日本

  • 日時: 2017年6月24日(土) 13:00〜18:00
  • 場所: 北海学園大学7号館5階D50番教室
  • プログラム・研究発表
    ・開会挨拶
    テレングト・アイトル(北海学園大学)
    ・外国の学校教育におけるモンゴル文学についての考察
    ―ロシアと日本の学校テキストをめぐって―
    満全/ドロンテンゲル(内モンゴル師範大学)
    ・伝統における「こころ」とサイチンガの「こころ」について
    策・朝魯門/ツェ・チョルモン(内モンゴル師範大学)
    ・D.センゲーの作品に表象された日本人の兵隊について
    Б.Мөнхбаяр/B.ムンフバヤル(モンゴル科学アカデミー言語文学研究所)
    ・現代のインジャンナシ研究と日本
    額尔敦哈达/エルデニハダ(内モンゴル大学)
    ・民国期に伝承された民謡について
    額爾敦格日楽/エルデニゲレル(内モンゴル師範大学)
    ・質疑応答とパネルディスカッション
    ・閉会挨拶
    芝山豊(清泉女学院大学)
  • 参加料: 無料
  • お問合せ先: 日本モンゴル文学会事務局
    E-Mail : gunkhudag■gmail.com
    ※■を@に置き換えてください。
  • >>チラシはこちら

北海学園大学人文学会第4回大会
パネルシンポジウム

AIがヒトを超えるとき―相剋から共生に向かうために―

  • 日時: 2016年11月12日(土)
    14:00〜17:00
  • 場所: 北海学園大学1号館3階33番教室
  • 【ゲスト】
    森 洋久(国際日本文化研究センター准教授)
  • 【パネリスト】
    柴田 崇(人文学部教授。司会)
    佐藤 貴史(人文学部准教授)
    竹内 潔(工学部教授)
    水野谷 武志(経済学部教授)
    山本 健太郎(法学部准教授)
  • 参加料: 無料
  • 主催: 北海学園大学人文学会・人文学部・文学研究科
  • 企画協力・後援: ESRIジャパン
  • >>チラシはこちら

北海学園大学人文学会第3回大会
シンポジウム「文化の諸相」報告

2015年11月14日(土)、北海学園大学人文学会主催のシンポジウム「文化の諸相」を開催しました。

司会
安酸敏眞教授(キリスト教学)

パネリスト
上野誠治教授(言語学,英語学)
佐藤貴史准教授(思想史)
郡司 淳教授(日本近代史、 軍事史)
須田一弘教授(生態人類学)

パネリストが各々の専門を背景に、文化の多様性と普遍性について発題したのを受けて、フロアから質問が相次ぎ、活発な議論が展開されました。

北海学園大学人文学会第2回大会
シンポジウム「人文学の新しい可能性(2)―安酸敏眞『人文学概論』を読む―」報告

2014年11月22日(土)、北海学園大学人文学会同会主催の第2回記念シンポジウムを開催しました。

司会
本城誠二教授(アメリカ文学・文化)

パネリスト
大谷通順教授(中国文学)
柴田 崇教授(メディア論,生態心理学)
仲松優子准教授(フランス近世・近代史)
手塚 薫教授(文化人類学)

2014年7月に公刊された安酸敏眞先生の『人文学概論』(知泉書館)に応答するかたちでパネリストがコメントをした後、会場の聴衆も加わり、「新しい人文学の地平」について意見を交換しました。

北海学園大学人文学会創立大会
記念シンポジウム「人文学の新しい可能性」報告

2013年11月16日(土)、北海学園大学人文学会創立総会を経て、同会主催の記念シンポジウムを開催しました。




パネリスト
本城誠二教授(アメリカ文学・文化);「文化と研究を周縁から問い直す」
大石和久教授(映画美学);「映像、人間を超え出る知覚-ベルクソニスムの視点から-」
追塩千尋教授(日本古代中世仏教史);「人文学としての歴史学―日本宗教史を素材に―」
村中亮夫准教授(人文地理学);「地域に学ぶ人文学」

パネリストの発提をもとに、人文学の新しい可能性について、パネリストおよびフロア参加者から発言が相次ぎ、活発な議論が展開されました。

人文学部開設20周年記念シンポジウムが5月18日(土)に開催されました。

 開設20周年記念シンポジウム 報告

2013年5月18日(土)、学内外から多数の参加者を得て、シンポジウム「人文学の新しい可能性」が開催されました。

パネリストの皆様のそれぞれの専門に基づく提題からは、批判に基づく知の継承、異形の時代としての近代の認識と克服という共通の認識があることが分かりました。資本主義が世界を席巻する現在、人間らしい生を追求する上で、総合の学としての人文学、および人文学部の名の下でユニークな研究と教育を行う本学部への期待はますます大きくなっています。

開設20周年記念シンポジウム
人文学の新しい可能性
  • 日時:2013年5月18日(土)
    14:00~17:00(開場13:30)
  • 会場:北海学大学 豊平校舎7号館 D30教室
    地下鉄東豊線「学園前」駅下車3番出口
  • 【パネリスト】
    芦名 定道氏、佐藤 弘夫氏、テレングト・アイトル氏
    【司会】
    安酸 敏眞氏
  • 入場無料・予約不要
    >>チラシはこちら