学部の取り組み

日本文化特別演習

日本文化を現地体験する

開講学年 人文学部1・2部、日本文化学科・英米文化学科、2年次以上
研修先 京都、奈良等関西地方
旅費 例年約8万円
授業のねらい

日本の歴史・文学等の主要な舞台であった関西地方に5泊6日の研修旅行を行い、その気候・風土に直に接し、日本文化についての理解と関心を深めます。そこでの体験は、受講生各人があらためて自らを生み育てた北海道の文化に目を向ける良い機会ともなるでしょう。

授業内容

9月下旬~12月頃

各教員がそれぞれ数回にわたって、研修旅行の際にポイントとなる事項について、専門的立場から事前指導を行います。授業形式は講義、グループ毎のゼミ発表などです。
【具体的テーマ例】
「万葉と山辺の道」「京ことばとおもてなし」「源氏物語の舞台を訪ねて」「奈良の町並み」「幕末の京都」「京の食文化」「仏教美術」「茶道の歴史」「陰陽道と京都」「国際観光都市としての京都」など。

1月中

直前指導

2月末頃

研修旅行 団体研修では、寺社をはじめとする文化施設や展示施設、研究機関を訪ね、見学や体験学習を行います。また、これまで国際日本文化センター、国立民族学博物館、元興寺文化財研究所、花園大学(座禅実習を含む)などで特別講演を開催しました。 その他自主研修日には、指導教員とともに非公開の名刹の茶室や施設などを見学することもありました。研修旅行終了後は、レポートを書き、報告書を作成します。

日本文化特別演習の様子