米坂 スザンヌ

米坂 スザンヌヨネサカ スザンヌ

Suzanne YONESAKA
英米文化学科
教授

取得学位 M.A.(TESOL修士)(カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校大学院)
担当科目 英語音声学、英語学概論II
専門分野 英語学
研究テーマ 私はこれまでいくつかの研究テーマを取り上げて来ましたが、私はなるべく学生に効果が出るような研究課題を選ぶ事にしています。現在は、「英語音声学」を担当しています。学生は発音を上達するために、eラーニングに興味を持ち研究しています。
学生は発音を上達するために、いくつかの能力が必要です。音声学の知識及び聞き取り能力はベースになります。「eラーニング」であれば学生が様々な英語音声学の練習が可能になります。どなような練習が一番学生にとって効果があるか、現在このようなテーマで研究をしています。
又学生自身が声を正しく聞いて自分自身の発音を判断する事も大事なポイントです。この正しい判断力をつける為の方法を研究しています。学生の発音判断力を強めるために、eラーニングを利用を薦めています。学生はお互いに発話を聞いて、発音判断力を強められるかどうかはこれからのテーマで研究をしています。
おすすめの一冊 「ハムレット」シェイクスピア (著)出版社: 講談社インターナショナル (2007)
おすすめの作品 スティーリダン A Decade of Steely Dan
主な著作・論文 Learner perceptions of online peer pronunciation feedback through P-Check. The JALTCALL Journal, 13(1), 29-51. (2017)
Feedback on local intelligibility by same-L1 learners: Face-to-face or computer-mediated? TESL-EJ, 23(2), 1-25. (2019)
Asynchronous online peer judgments of intelligibility: Simple task, complex factors. In Meunier, Fanny; Van de Vyver, Julie; Bradley, Linda; Thouësny, Sylvie (Eds), CALL and complexity: Short papers from EUROCALL 2019 (pp. 407-412). (2019)