学芸員課程

小さな町の郷土資料館から都会のおしゃれな美術館まで「博物館法」に定められた専門的職員、すなわち学芸員を配置することが求められています。
この資格を取得するためには学芸員開講大学で特定の科目を履修する必要があります。
提携先の小樽市総合博物館などで、1年を通じて博物館資料の収集・保管・展示・教育をじっくりと学びます。

受講生が課程の魅力を紹介

学芸員課程を受講して

佐藤 圭祐

経済学部1部地域経済学科2年

私は二年生となった今年度から学芸員課程をはじめました。始めたきっかけは今春に学芸員課程の有志による奥尻島調査に参加させていただいたことです。経済学部生かつ二年生ですが個性豊かな講師陣から日々刺激されつつ周囲にも馴染み、小樽での実習では特別展の年表等製作を担当し、夏の奥尻島調査では祭にも参加させていただくなど大変充実した学びの日々を過ごしています。

新しい知識を得られ、新しいチャレンジができる

高橋 佑惟

人文学部1部日本文化学科3年生

学芸員課程では、教養科目だけでは得られない経験を積むことができます。座学では学芸員になるために必要となる様々な知識を蓄え、実習では実際の学芸員の仕事や博物館のイベントの運営などを体験しました。特に奥尻島研修では現地の方々と交流し、そこでしか聞けない貴重なお話を聞くことができたり、その地域特有の文化に触れることができました。学芸員課程は新しい知識を得られ、新しいチャレンジができるコースです。

学芸員課程は面白い!OB/OG・教員が課程の魅力を紹介

学芸員課程で学ぶことの魅力

古田くるみ

北広島市学芸員

私は現在、北広島市「北広島エコミュージアムセンター知新の駅」で学芸員として働いています。実家が北海道博物館のすぐ近くであったこともあり、将来は博物館や歴史に携わる仕事がしたいと思っていました。そのため在学中に学芸員の資格がとれる本学はとても魅力的でした。

学芸員課程では「博物館経営論」や「博物館実習」などさまざまな視点から博物館を学ぶことができ、講師の多くは現役の学芸員です。また資料の梱包作業体験や学外へのボランティアなど実践的な学びの機会が多くあり、学芸員となった今だからこそ、これらの経験が自分の力となっていることを強く感じます。本課程で夢を叶えた一人として、本気で学芸員を目指す人にこそぜひ受講をおすすめしたいです。

ミュージアムの現場を知ることで社会を俯瞰する

手塚 薫

人文学部日本文化学科教授[学芸員課程委員会・委員長]

学芸員課程の学びのコンセプトは、受講生に普段から現実の社会とのつながりを意識してもらうことです。講師陣のほとんどは現役のミュージアムの学芸員です。ミュージアムで繰り広げられる日常への実践的な対応を学ぶことで、社会において必須とされる考え方の基本を身につけます。

学芸員課程修了者の活躍

鈴木博子さん(小樽市総合博物館嘱託学芸員、人文学部卒)

蟬塚咲衣さん(人文学部卒)

『学芸員課程学事報告書』

その他(基礎資格・修得単位数・受講料など)

詳しい説明につきましては、大学Webサイト「学芸員課程」をご覧ください。